地図
電話
 
コラム
公開日:更新日: [セラミック歯のコラム]

インプラントとセラミックの違いは?治療内容を知ることの大切さ

何かしらの理由で歯を失ったときに、歯を補う治療方法は主に「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」の3つが挙げられます。インプラントは失った歯を補うための治療方法の一つで、セラミックはむし歯治療の際に用いる材料の一つです。詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)、ブリッジに使用されており、インプラント治療では人工歯の素材として使用されています。

中にはインプラントとセラミックの違いが分からず、治療方法の選択に悩まれてる方も多く、被せ物や差し歯をインプラントと誤った認識をされている方もいます。お口の健康を保つためにも、自身がどのような歯科治療を受けているのか知っておくことは非常に大切です。インプラントとセラミックとの違いを解説します。

インプラントは歯を失ったときに歯を補う治療方法の一つ

implant
インプラントは身体の中に人工物を埋めることを指します。歯科では失った歯を補うために、顎の骨に人工歯根を埋入し、人工歯を装着する治療です。

インプラントは様々なメーカーから提供されており、国内でも20種類以上のインプラントがあります。表参道デンタルクリニックは、世界でも症例数が多く、品質の高い、ブローネマルクシステムとアストラテックインプラントシステムを扱っています。

インプラントの構造

歯の根っこの部分の代わりになる人工歯根(フィクスチャー)、人工歯(上部構造)、人工歯と人工歯根をつなげる土台(アバットメント)がインプラントの基本的な構造です。

インプラントの種類は、人工歯根と土台が一体化している「ワンピースタイプ」と、人工歯根と土台をネジで固定する「ツーピースタイプ」に分けられます。

表参道デンタルクリニックではワンピースタイプとツーピースタイプをご用意しております。

ワンピースタイプ

人工歯根と土台が一体化しているため、手術が1回で済みます。また、使用する部品が少ないため、費用が抑られます。ツーピースタイプと違って、人工歯根と土台のネジが緩んでしまう心配はありません。

しかし、適応症例が限られており、顎の骨の量が十分にないと埋入ができない可能性があります。また、土台に角度が付けられず、人工歯根を埋入した方向に、人工歯の形態が影響されます。

ツーピースタイプ

人工歯根と土台をネジで固定するタイプです。審美性を求めている方には、お口の中の状態に合わせて適切な土台を選択できる、ツーピースタイプがおすすめです。

インプラントに何かしらの衝撃を受けた場合、土台のネジが折れることによって、骨とインプラントへの衝撃を回避できます。土台にトラブルが生じても交換が可能です。

ツーピースタイプは使用する部品が多くなるため、費用が高くなり、症例によって2回手術が必要になる場合があります。

インプラントに使用される素材

使用される素材は「チタン」が用いられており、骨とインプラントが結合しやすく、アレルギーが少ない特徴を持っています。

インプラントの寿命

歯科医師の技術や、埋入する部位、メンテナンスの有無によって違いがありますが、10~15年の累積生存率(脱落せずに問題なく食事ができる状態)が上顎は約90%、下顎で約94%となっており、抜歯即時埋入や骨移植を伴う症例は、87~92%程度であるという高い生存率が報告されています。

出典:厚生労働省委託事業「歯科保健医療情報収集等事業」歯科インプラント治療のためのQ&A(2021/05/06)

インプラントのメリット

インプラントは歯を失ってしまったときの歯を補う治療方法として有力ですが、治療を選択する際は、ほかの治療方法とよく比較し、メリットとデメリットを理解してから検討しましょう。

自分の歯のように噛める

骨とインプラントが結合しやすいことから、しっかり固定されます。そのため、自分の歯と同じ感覚で噛めるようになり、歯を失う前と同じように食事が楽しめます。

また、ブリッジや入れ歯だと、噛めても顎の骨に刺激が伝わらず、骨が減少して老けた顔になりがちですが、インプラントは直接顎の骨に刺激が伝わり、骨の減少を防ぐことができます。

周囲の歯に負担がかからない

ブリッジは、土台になる歯を大きく削って被せ物をするため、健康な歯を削る必要があります。部分入れ歯は周囲の歯に金属のバネをかけて固定するため、一部の歯に負担がかかります。

インプラントは周囲の歯を削ったり、金属のバネをかけたりする必要がないため、周囲の健康な歯に負担がかからず、失った歯を補うことができます。

天然の歯と同じような見た目

顎の骨に埋入したインプラントの上に被せ物をするので、金属が見えることがほとんどありません。また、人工歯にセラミックを用いることで、天然の歯と同じような透明感と、色調の再現が可能です。

インプラントのデメリット

インプラントは手術を必要とする治療方法です。デメリットもしっかり理解したうえで、治療を受ける必要があります。

保険適用しない自由診療

インプラントは保険が適用されない自由診療で、高額な治療になります。そのため、表参道デンタルクリニックは、事前に納得いくまでカウンセリングを行っており、費用や支払い方法の説明をしています。

手術を必要とするので身体的に負担がかかる

インプラントは、手術を必要とするため、身体的に負担がかかります。また、糖尿病など全身疾患を患っており、重度の場合は治療が受けられない可能性があります。

治療期間がブリッジや入れ歯に比べると長い

骨とインプラントが結合するまで待つ必要があります。症例によりますが、最終的な人工歯が入るまで約6~10ヶ月ほど必要とするため、ブリッジや入れ歯と比べると治療期間が長くなります。

インプラント治療について

セラミックは詰め物や被せ物、インプラントの人工歯に使用する素材

ジルコニアクラウン
セラミックは湯飲みに使用される陶材を指しています。歯科では白い詰め物や被せ物などに使用される素材の一つです。セラミックにはオールセラミック、ジルコニアセラミック、e-maxなど種類があり、症例やご希望によって使用する材料が異なります。

歯科治療では、以下の症例で使用されます。
・部分的なむし歯治療の詰め物(インレー)
・歯の根っこが残っている場合は差し歯や被せ物(クラウン)
・失った歯を補うためのブリッジ
・インプラント治療の人工歯

天然の歯と同じような透明感や色調の再現が可能なため、セラミックを選択される方が増えています。

セラミックのメリット

保険の銀歯や白い詰め物と異なり、むし歯になりにくいなどメリットがあります。

美しい仕上がり

セラミックの最大のメリットは歯の形態や透明感、色調を自由にデザインすることが可能で、審美性に優れています。例えば、芸能人のような白い歯や、天然の歯と変わらないような見た目にすることも可能です。

生体親和性が高い

保険で使用する銀歯には、唾液によって金属イオンが溶け出し、蓄積されて金属アレルギーを引き起こす可能性があります。セラミックは身体への悪影響が少なく、金属を使用しないため、歯肉の変色や金属アレルギーの心配がありません。

変色しない

保険の白い歯にはプラスチック素材を使用しており、経年劣化して黄ばんでしまいます。対してセラミックは安定した素材で長年使用しても変色しません。

歯垢(プラーク)が付着しにくい

セラミックは陶材と同様、傷が付きにくくツルツルしています。表面に傷が付きにくく、歯垢(プラーク)が付着しにくいため、むし歯や歯周病のリスクを軽減することができます。

セラミックのデメリット

優れた素材ですが、欠点も理解したうえで選択することが大切です。

衝撃に弱い

陶器の素材を使用しているので、衝撃によって割れる可能性があります。

欠けたり割れたりすると基本的に作り変える必要があり、かみ合わせが強い方には、強度があるジルコニアセラミックの提案や、就寝時に装着するナイトガードの作製をおすすめしております。

保険適用外

健康保険が適用しないため、全額自己負担になります。また、歯科医院によって費用が異なります。高額な治療になりますが、虫歯や歯周病のリスクが少なく、人体にも優しいセラミックの方が、コストパフォーマンスに優れています。

表参道デンタルクリニックではインプラントの上部構造(人工歯)にセラミックを使用しています

インプラント上部構造
美しい仕上がりになるだけでなく、歯垢(プラーク)が付着しにくいセラミックやジルコニア(人工ダイヤモンド)を使用することは、インプラントを長く使っていただくためにも有効です。

インプラントと骨は結合しますが、天然の歯と異なりインプラントと歯肉はほとんど付着しません。そのため、感染の抵抗力が弱い傾向にあります。

歯垢が蓄積すると、インプラント周囲粘膜炎を引き起こし、周囲の歯肉に炎症や出血を起こす可能性があります。

さらに進行するとインプラント周囲炎になり、歯肉から膿が出てインプラントが揺れ始めます。重度にまで進行するとインプラントの脱落、摘出手術までに発展する可能性があります。

インプラントを長く使っていただくために表参道デンタルクリニックでは、感染に対して抵抗力が弱いインプラントの人工歯に、歯垢が付着しにくいセラミックを使用しています。

セラミック歯について

インプラントかセラミックでお悩みの方はお気軽にご相談ください

インプラントかセラミックに悩む女性
インプラントは失った歯を補うための治療方法です。セラミックはむし歯治療で用いられる素材の一つで、詰め物や被せ物、ブリッジやインプラントの人工歯に使用します。

例えば、前から6番目の歯を1本だけ失ってしまった場合、インプラントかセラミックを使用したブリッジで歯を補うことができます。このように、インプラントかセラミックでお悩みの方は一度お気軽にご相談下さい。

表参道デンタルクリニックは単に歯を美しくするだけではなく、豊富な知識と経験、最先端の治療技術を駆使し、口元の美しさと、歯の機能回復を高い水準で治療提供しています。無料カウンセリングもご用意しております。お気軽にご相談ください。

監修医情報
飯島 実
表参道デンタルクリニック 院長飯島 実 医師
経歴
2000年 日本大学松戸歯学部 卒業
東京医科歯科大学病院 勤務
2002年 都内某審美歯科医院 勤務
2004年 赤坂美容クリニック
ニューオータニ 歯科診療部長
2006年 米UCLA歯学部 留学
2007年 湘南美容外科 審美歯科 部長 責任者
2014年 表参道デンタルクリニック 院長


ページ
TOP

アクセス
ACCESS

〒107-0061
東京都港区北青山3-5-9 中央珈琲本社ビル6F

表参道駅 A3出口より徒歩3分 青山通り沿いです