地図
電話
 

通常期ワイヤー矯正

目立たず、確実に!
キレイな仕上がり!
新しい手法で急速に矯正

歯列矯正には様々な方法がありますが、当院で最も一般的な方法の一つが「通常期ワイヤー矯正」です。

重度の出っ歯、重度の受け口、
重度の開咬、重度の八重歯

など、大きくズレのある歯ならびを飛躍的に改善する歯列矯正です。
この治療では多くの場合、一部の歯を抜いてスペースを作り、歯を動かすことになります(状態により、抜歯をしないこともあります)。
この場合も、短期ワイヤー矯正と同様に早く!確実!キレイに!歯を動かしていきます。

こんな方におすすめ

通常期ワイヤー矯正の種類

  • 通常期ワイヤー矯正
    最も一般的な矯正法で多くの実績があります。
    ブラケット+ワイヤーで急速かつキレイな
    仕上がり!
  • 片側 通常期ワイヤー矯正
    上側と下側、どちらか片方だけ歯ならびが
    悪い人におすすめ!
    片側だけのワイヤー矯正を行います。

矯正器具(ブラケット)の種類

メタルブラケット

金属性の最も一般的な矯正装置。メリットは薄くて丈夫、治療費も安く抑えられること。
デメリットは他の矯正装置に比べると目立ってしまうことです。
※当院でのお取扱いはございません。

セラミックブラケット

セラミックでできた矯正装置。透明なので目立ちません。
多少割高となり、治療期間も少し長くなる傾向があります。

プラスチックブラケット

プラスチックでできた矯正装置。セラミックと同様透明なので目立ちません。
歯に強く接着でき、治療期間はメタルブラケットと変わらず短くなります。

舌側矯正(リンガル法)

リンガル法は文字通り舌側=歯の裏側から行う
「見えない矯正法」です。
歯の表側に装置を付ける通常のワイヤー矯正に比べ、外からは全く見えなくなるので、誰にも気づかれずに治療をすることができます。
※舌側矯正(リンガル法)は短期ワイヤー矯正、通常期ワイヤー矯正とは別メニューです。

通常期ワイヤー矯正治療の料金表

矯正歯科の料金一覧

症例写真

通常期ワイヤー矯正 ¥878,240(税込)

画像 → ↓ 画像
 
画像 → ↓ 画像
 

片側 通常期ワイヤー矯正
¥433,400(税込)

画像 → ↓ 画像
 
画像 → ↓ 画像
 

ワイヤー矯正は、歯の表面に板状のブラケットという装置を取り付け、それらをワイヤーでつなぎ、時間をかけて少しずつ歯を動かしていくものです。最も一般的な矯正法であり、多くの実績があります。歯を一切削ることなく、天然の歯のままで治療ができます。

ワイヤー矯正のリスク

  • ワイヤーを使用するので、見た目の悪さが気になる場合がある
  • 隙間に食べた物が挟まりやすく、口腔ケアをしっかり行う必要がある
  • 矯正に痛みを伴う
  • 状態により抜歯をする必要がある
矯正歯科の料金
⇒歯科治療メニュー一覧

ページ
TOP

アクセス
ACCESS

〒107-0061
東京都港区北青山3-5-9 中央珈琲本社ビル6F

表参道駅 A3出口より徒歩3分 青山通り沿いです